安全・環境への取り組み

安全への取り組み

安全設備

お客様から預かる大切な荷物を確実に輸送するために、安全管理を重要な課題として取り組んでいます。
運行支援システム(富士通 ITP-WebServiceV2)、ドライブレコーダー、バックカメラ、プリクラッシュブレーキなど、車両への安全装備の導入を積極的に進めています。また運転診断システム、飲酒チェックなどの設備も導入し、ドライバーの適正維持に努めています。

飲酒チェック
就業時には点呼とともに飲酒チェックを実施
運転診断システムナスバネット
運転診断システムナスバネットで、運転の診断を行います

事故対策会議

定期的に事故対策会議を開催し、事故防止への取り組みを継続的に行っています。事故を未然に防ぐために、ドライバーの心身の管理、車両の安全点検、交通法規など、細かな点まで確認を行っています。

事故対策会議
定期的に事故対策会議を行い、安全管理への意識を高めています
事故対策会議の屋外での研修
事故対策会議の屋外での研修

働きやすい職場への取り組み

特定保健指導、ストレスチェック

従業員が健康に働くことのできる環境を整備し、安全な運行を続けるために、安全衛生推進委員会を組織し、特定保健指導や、ストレスチェックを定期的に実施しています。

免許補助制度

大型自動車免許の無い方に対して、免許取得にかかる費用の一部を会社で負担する制度があります。大型車両の経験のない方でもドライバーとして就業できるよう、会社をあげて教育体制を整えています。

特定保健指導の様子
特定保健指導を通して、自分自身の健康状態を把握し、生活習慣を改善するよう取り組んでいます。
永年勤続・無事故表彰
永年勤続者、無事故者を対象に表彰を行っています。

環境への取り組み

グリーン認証

環境保全を目的にした取り組みを行っている運輸事業者の認証制度である「グリーン認証」を取得しています。
環境への負荷が問題になりがちな運送業において、エコドライブの促進、低公害車の導入、廃車・廃棄物の排出抑制などに継続的に取り組み、地球に優しい運輸事業を推進しています。